仮想通貨

暗号通貨(=仮想通貨)

 

まず、暗号通貨を使った稼ぎ方には、大きくわけて 2 つあります。

1 つは「暗号通貨そのもの」の売買(=両替)で儲ける方法です。

そして、もう 1 つが、「暗号通貨関連商品」というものです。

 

 

 

暗号通貨は種類も多く、その数は 1,000 種類とも 2,000 種類とも言われています。

 

暗号通貨の価値があがるためには、多くの人がその暗号通貨を必要として、実際に購入(=両替)する必要があります。

 

すなわち、その暗号通貨を使って、いったい何ができるのか? といったことが非常に重要になってくるというわけです。

 

それはさておき、暗号通貨を使っていったいどうやって稼ぐのか? その手法について、1 つずつ見ていきましょう。

 

まず、暗号通貨を使った稼ぎ方には、大きくわけて 2 つあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しましょう。

(1)暗号通貨(=仮想通貨)そのもの

暗号通貨は、為替のように常に相場が変動しています。ですので、まず、1 つ目の稼ぎ方として、

 

 

『相場の安いときに買って、相場の高いときに売る』

 

という方法があります。

 

また、暗号通貨は、売買が可能な取引所ごとにレートが異なります。したがって、2 つ目の稼ぎ方として、

 

 

『安いレートの取引所で買って、高いレートの取引所で売る』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、

 

 

『これから値上がりすると予測される通貨を買って持っておく』という方法があります。

 

「買う」という言葉を使っていますが、実際には、物を購入するわけではありませんので、正確には「両替する」という意味です。

 

ビットコインを、その昔、出始めの頃に買った(=両替した)人は、たった 10,000 円分買って(=両替して)持っていただけで、

いまでは 100 億円くらいになっているということですので、ものすごい話ですよね。

 

 

「買う」という言葉を使っていますが、実際には、物を購入するわけではありませんので、正確には「両替する」という意味です。

 

ビットコインを、その昔、出始めの頃に買った(=両替した)人は、たった 10,000 円分買って(=両替して)持っていただけで、

いまでは 100 億円くらいになっているということですので、ものすごい話ですよね。

 

このビットコインもこの先、相場がどう動くかわかりませんが、

総採掘量は決まっていますので、使う人が増えて需要が増せば、

相場は自ずと上がることが予想できます。

 

2)暗号通貨(=仮想通貨)関連商品

つぎに、暗号通貨関連商品というのがあります。

世界中で、それこそ、つぎからつぎへと生まれてきていますが、これには、十分な注意が必要です!

 

特に、「HYIP(ハイプ)」と呼ばれているものがあるんですが、あなたは知っていますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この先、さらに需要が増すという条件つきにはなりますが、 需要が増して価値が増大するだろうと思えば、ビットコインを

今のうちに両替して、持ち続けるのもおもしろいかもしれませんね。

 

また、ビットコインのように、すでに値段が大きくあがった暗号通貨ではなく、これから出て来る新型暗号通貨のなかで、信頼性が高く、多くの人が使って需要が見込めると思われる暗号通貨を早い段階で

両替して持っておき、その暗号通貨の価値が上がるのを楽しみに待つ!

 

 

という選択もあると思います。

 

私がいま、個人的に一番注目していて、すでにたくさん両替して

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノアコインは 2017 年の 1 月から先行販売が開始されましたので、こういったものを、最も安く買える先行販売の段階で両替して

持っておくというのも、ある意味、賢い選択かもしれませんよ。

 

 

(2)暗号通貨(=仮想通貨)関連商品

つぎに、暗号通貨関連商品というのがあります。

世界中で、それこそ、つぎからつぎへと生まれてきていますが、これには、十分な注意が必要です!

 

特に、「HYIP(ハイプ)」と呼ばれているものがあるんですが、あなたは知っていますか?

 

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー