生命保険の見直し

日本 の 生命保険 の 加入 率 は 9 割 を 超え て おり、 日本 国民 は 何かしら の 保険 に 入っ て いらっしゃる 方 は 非常 に 多い です。 しかしながら 保険 は 何 の ため に 入る のかを しっかり 考え ず に 加入 さ れ て いる 方 が 多い のも 事実 です。 「親 が 入っ て いる から」「 周り が 入っ て いる から」「 なんとなく 勧め られ た から」 といった 理由 で 保険 に 加入 する こと は あまり 良い こと では 無い と 認識 し、 ご 自身 で 何 の ため に 保険 に 加入 する のか しっかり 考え て 加入 する 必要 が あり ます。
保険 は 内容 が 難しく 専門 用語 も 多い です し 理解 する のに 苦労 し ます よね? しかし、 なぜ 保険 に 加入 する か、 その 理由 は 単純 で、 不測 の 事態 に 対処 できる 資金 を しっかり 準備 する ため です。
保険 に 加入 する 意味 は、 不測 の 事態 が 起こっ た 時 に 自分 では とても 準備 でき ない金額 の お金 を 準備 する 手段 です。
自分 が 死ん で しまっ た 後 の 残り の 家族 の 生活費、 自分 が 入院 し て しまっ た 時 の、 入院 費 や 生活費、 それら を 保険 に 入ら ず に 全て 自分 で 払い 切れる 自信 は あり ます か? よく、「 自分 は 死な ない」「 自分 は 病気 し ない」 などと おっしゃる 方 が おら れ ます が、 そんな こと は 自分 も 含め 誰 にも 分かり ませ ん。 大事 なのは そこ では なく、 もし そう なっ て しまっ た 場合 に きちんと 資金 を 準備 出来 て いる か です。
たとえば、 ご 自身 が 家族 を 持っ て い た として、 自分 が 世帯主 で 世帯 収入 の 大半 を自分 が 稼い で い た と し ます。 もし 自分 が 死ん で しまっ た 場合 は、 残さ れ た 家族 は、 これ まで 得 て い た 収入 が 途絶え て しまい ます。 もちろん 国 が 準備 し て いる 公的 な 制度 が ある ので、 厚生年金 もしくは 国民年金 に 加入 し て いる 人 が 亡くなる と 残さ れ た 家族 には、〝 遺族年金〟 が 支給 さ れ ます。 この 遺族年金 は、 配偶者 の 有無 や この 人数 によって 支給 額 が 変わっ て き ます が、 総じて 遺族年金 だけで 生活 し て いける ほど 満足 な 額 では あり ませ ん。 です ので、 自分 が 死ん でも 国 が 何とか し て くれる という 考え は 通用 し ませ ん! 国 や 他 人任せ では なく、 自分 が 亡くなっ た 時 に 残さ れ た 家族 が きちんと 生き て いける のか、 を しっかり 考え て 考え て 生命保険 に 加入 し て おく 必要 が ある の です。
また、 ご 自身 が 病気 などで 入院 する こと に なっ た 場合 も きちんと 治療 費 を 自分 で 支払え ます か? 日本 には 健康保険 制度 が あり、 健康保険 証 を 提示 する と、 医療 費 の 自己 負担 の 額 は 3 割 で 済み ます。 そして 高額 療養 費 と いっ て ご 自身 の 所得 に 応じ て、 1 ヶ月 で 自己 負担 す べき 医療 費 の 上限 が 決まっ て いる ため、 実際 に 自分 が 支払う べき 医療 費 は、 そこ まで 高額 に なら ない こと が 多い です。 ただし、 これら の 健康保険 制度 は 対象 外 と なる もの が あり 全額 自己 負担 と なる もの が あり ます。 たとえば、 入院 時 に 個室 に 入っ た 場合 の” 差額 ベッド 代” や 食事 代、 テレビ カード 代、 家族 の お 見舞い の 交通費 などの 諸 費用 や、 そもそも 健康保険 が 使え ない 治療
治療 も 多く 存在 し ます。( 先進医療 や 一部 の 抗 がん 剤 など)
多い 時 は 100 万 円 ほど 自己 負担 し ない と いけ ない ケース も あり ます し、 そもそも 独身 で 若い うち は、 貯蓄 も 十分 に 出来 て い ない ため、 例え 数 万 円 や 数 十 万 円 の 出費 でも 生活 を かなり 圧迫 し、 最悪 の 場合 払え ない という 方 も おおい のでは ない でしょ う か?
保険 に 加入 し ない という いう こと は、 不測 の 事態 に なっ た 場合 に 自分 で 資金 を 準備 でき ない 可能性 が 高まる ため、 残さ れ た 家族 が 生活費 を 確保 する のに 苦労 し たり、たり、 自分 で 自分 の 治療 費 が 払え ず、 親 や 友人 や 消費者金融 などから お金 を 借り たり する 必要 性 が 出 て き ます。 結果、 自分 の 周り の 人々 を 不幸 に し て しまう こと になり かね ない、 これ こそ 保険 に 加入 し ない 最大 の デメリット なのでは ない でしょ う か?
貯金 を し て おけ ば 保険 に 加入 し なく ても 大丈夫 だろ う と 考える 人 も 多い です が、 貯金 では 賄い きれ ない 金額 の お金 を 準備 する 手段 が 保険 です。 です ので、 貯金 は もちろん 必要 です が、 別途 保険 にも 加入 し て おく べき でしょ う。
ご 自身 が 世帯主 で、 配偶者 や 子供 が いる 場合 は 真っ先 に 死亡保険 に 加入 す べき です し、 逆 に 独身 で あれ ば、 死亡 保障 では なく、 医療 保障 や 就業 不能 保険 など ご 自身自身 の ため の 保険 に 加入 する こと が 望ましい です。 保険 は 自分 に 合っ た もの を 選択 し て 加入 する こと により 初めて 意味 を 持つ もの です ので、 ご 自身 にとって 何 が 重要 かを しっかり 考え て 加入 する よう に し ましょ う。
そして、 保険料 を 低く し たい ので あれ ば、 ネット 生保 や 代理店 の 生保 で、 掛け 捨て 医療保険 に 入る こと が、 1 番 効果的 な 方法 です。 もちろん、 高い 保険料 払っ てでも、 しっかり と し た アフターサービス を 受け たい ので あれ ば、 大手 の 生命保険 会社 に 加入 し ても 良い でしょ う。 ご 自身 が 保険 に 何 を 望む か、 それ によって 加入 する 保険 の 選択肢 は 変わっ て き ます。

年齢やその時その時の家庭の状況やライフスタイルによって、ベストな保険も変わってきます。
あなたの今の生活にベストな保険は何か、保険のプロに相談することによって生命保険料も今より安くできるかもしれません。

★保険のプロに相談するなら⇒こちらがおすすめ

はじめまして

 

はじめまして。サイト管理人の勝野直と申します。ファイナンシャルプランナー、家計整理アドバイザーとして2015年から当サイト「家計見直し相談室」を開設し約800人以上の家計の悩みを持つ方の相談に乗って参りました

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー